【神戸新聞杯】栗東レポート~キセキ [News]
2017/09/21(木) 18:17
 9月24日(日)に阪神競馬場で行われる神戸新聞杯(GII)に出走予定のキセキ(牡3歳、栗東・角居勝彦厩舎)は、ダートコースをゆっくりと2周したあと、ウッドチップコースに入って調教を行った。

 調教後の角居勝彦調教師のコメントは以下の通り。

-この夏2連勝ですね?
 春先は体がまだしっかりしていなくて本来の脚を使い切れていないという印象でした。この夏はしっかり成長しての結果だと思います。牧場でしっかり休んでしっかり食べさせてもらった結果だと思っています。ただ2戦とも条件戦でしたからね。今回はGIを戦ってきた馬と勝負しなくてはいけないですね。

-新潟戦から中6週開いていますが、中間はどう過ごしたのでしょう?
 成長を促す所から、今回は強い相手と戦うためにしっかり体を作り込んできました。

-これまでキャリアの半分を阪神コースで走っていますが?
 大きなコースなのでこの子に合うのではないかと思って使ってきました。春先は能力をレースで押さえ切るのには難しい面のあった馬でしたが、もし菊花賞へ向かうとなればこの距離をこなさなくてはいけないということでこのレースを選んだ面はあります。


(取材:佐藤泉)