トゥインクルが名古屋に移籍 [News]
2017/09/20(水) 11:08
 2016年のダイヤモンドSを制したトゥインクル(牡6)が、9月20日付で競走馬登録を抹消し、名古屋競馬に移籍するとJRAから発表された。

 トゥインクルは父ステイゴールド、母ロングスターダム(母の父ノーザンテースト)と言う血統の牡6歳、栗東・牧田厩舎の管理馬。4歳夏に北海道で連勝して頭角を現し、長距離路線で活躍。5歳になった2016年2月のダイヤモンドS(GIII・芝3400m)で重賞初制覇を飾った。1年ぶりに出走した今年8月の札幌日経オープン(9着)を最後にJRAの競走馬登録を抹消した。
 
 通算成績32戦5勝、獲得賞金1億3801万4000円(付加賞含む)。