【メイクデビュー】(中山4R、5R)~スペースファルコン、ウインディマンシュが勝利 [News]
2017/09/10(日) 14:44
中山4Rのメイクデビュー中山(ダート1800m)は1番人気スペースファルコン(吉田隼人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分57秒2(良)。1馬身1/2差2着に14番人気ミックベンハー、さらにアタマ差で3着に4番人気サムライブルーが入った。

スペースファルコンは美浦・新開幸一厩舎の2歳牡馬で、父スマートファルコン、母シンデレラロマンス(母の父Elusive Quality)。

~レース後のコメント~
1着 スペースファルコン(吉田隼騎手)
「金曜日に乗った時、仕上がっていると感じました。スタートをポンと出て、馬なりで前へ行けました。並ばれてからもしっかりと伸びそうでしたし、よく頑張ってくれました」

2着 ミックベンハー(武藤雅騎手)
「内でロスなく、出しながら進めて行きました。最後もしぶとく伸びていますし、使って良くなると思います」

7着 テンワールドレイナ(三浦騎手)
「軽い走りをするので、パサパサのダートはきついようでした。距離も長く感じました。素直な馬で、軽い走りから芝も走りそうです」


中山5Rのメイクデビュー中山(芝1600m)は10番人気ウインディマンシュ(丹内祐次騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分37秒0(良)。1/2馬身差2着に1番人気ネイビーアッシュ、さらに1馬身1/4差で3着に2番人気コスモレリアが入った。

ウインディマンシュは美浦・田中剛厩舎の2歳牝馬で、父タイムパラドックス、母ピサノサンデー(母の父サンデーサイレンス)。

~レース後のコメント~
1着 ウインディマンシュ(丹内騎手)
「初めて乗りましたが、実戦でいい馬なのでしょう。4コーナーではいい感じで、終いどれだけ伸びるのかという手応えでした。自分が思っていたよりも頑張ってくれました。力がつけばもっとやれると思います」

(田中剛調教師)
「最終追い切りはポリトラックで、競馬を踏まえてサッとやりました。お母さんの父サンデーサイレンスが生きると思っていました。まだひ弱さが残る中での勝利ですし、力がついてくればと思います」

2着 ネイビーアッシュ(三浦騎手)
「外めの枠でしたからスムースでしたが、いい目標になってしまいました。潜在能力の高い馬ですから、成長すれば上のクラスでもやれると思います。勝たせてあげたかったのですが、悔しいです」

3着 コスモレリア(柴田大騎手)
「ゲート練習では速く出ていましたから、スタートが誤算でした。もっと前の位置で競馬が出来ると思っていました。それでもしっかり脚を使っていたことは収穫です」