【メイクデビュー】(阪神6R)~オルフェーヴルの全妹デルニエオールが人気に応える [News]
2017/09/10(日) 14:21
阪神6Rのメイクデビュー阪神(牝馬限定、芝1400m)は1番人気デルニエオール(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒2(良)。3/4馬身差2着に2番人気ピエナミント、さらにクビ差で3着に4番人気ホウオウサンドラが入った。

デルニエオールは栗東・池江泰寿厩舎の2歳牝馬で、父ステイゴールド、母オリエンタルアート(母の父メジロマックイーン)。

~レース後のコメント~
1着 デルニエオール(池添騎手)
「スタートは速くありませんでしたが、促して折り合いをつけて運びました。3コーナーでムキになるところがありましたが、何とか後ろで我慢しました。4コーナーで並びかけた時、物見をするようなところがありました。それでも他の馬が来たら来たなりに伸びました。まだ小柄(408kg)なので、体の成長が欲しいですね。でも反応の瞬発力は素晴らしく、楽しみな馬。あとはメンタルです」

2着 ピエナミント(秋山騎手)
「折り合いを欠くので、その分、ゴーサインでモタつくところがあります。リラックスすれば反応も良くなると思います。今後、使われたことでテンションが上がらないかが心配です。穏やかにいって欲しいですね」

3着 ホウオウサンドラ(藤岡康騎手)
「新馬らしからぬ落ち着きで、大人しすぎるせいか、ゲートの反応がもう一つでした。そのあとは行き脚もついて、ラストはしっかり脚を伸ばしています。すぐにチャンスが来そうです」