【鋸山特別】(中山)~伏兵パルトネルラーフが激しい競り合いを制す [News]
2017/09/09(土) 15:58
中山10Rの鋸山特別(3歳以上1000万下・ダート1800m)は7番人気パルトネルラーフ(大野拓弥騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分52秒2(良)。クビ差の2着に5番人気ブレスアロット、さらに半馬身差の3着に1番人気カルムパシオンが入った。

パルトネルラーフは美浦・高木登厩舎の4歳牡馬で、父ヴァーミリアン、母サクセスウイッチ(母の父ブライアンズタイム)。通算成績は16戦9勝。

~レース後のコメント~
1着 パルトネルラーフ(大野拓弥騎手)
「背や腰がしっかりして馬が良くなってきています。レースではスタートも良くいい位置が取れました。展開が向いたのもありますが、しっかりと脚を使ってくれました」

2着 ブレスアロット(北村宏司騎手)
「外枠でしたが、すんなりと好位で流れに乗れました。手応えの割りにはいいペースでしぶとさを生かせました。もう少しでした」

3着 カルムパシオン(内田博幸騎手)
「行くつもりでしたが、内の馬が速く、無理をしないで息を入れたのが良かったです。2番手からの競馬で3着ですから、次につながったと思います」

5着 アルファアリエス(吉田豊騎手)
「乾いたダートは他の馬がバタバタになる分、この馬には良かったと思います」