【長岡S】(新潟)~バンゴールが押し切る [News]
2017/09/02(土) 17:01
新潟11Rの長岡ステークス(3歳以上1600万下・芝1600m)は4番人気バンゴール(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒9(良)。1馬身1/4差の2着に1番人気ハクサンルドルフ、さらにハナ差の3着に2番人気フロンテアクイーンが入った。

バンゴールは美浦・尾関知人厩舎の5歳牝馬で、父キングカメハメハ、母ローザブランカ(母の父クロフネ)。通算成績は17戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 バンゴール(田辺裕信騎手)
「今日は1600mなので、どのくらいのポジションにつけられるかと思っていましたが、ゲートを上手に出て、道中脚をため、直線に向くまで良い手応えでした。追い出してからよく伸びてくれました」

3着 フロンテアクイーン(北村宏司騎手)
「休み明けでしたが、イレ込みはこの馬としてはましでした。スタートをうまく切って、好位でレースをしました。いいリズムで行って、伸びそうだったのですが、前をカットされて、ブレーキをかけるところがありました」

4着 ルグランパントル(柴田善臣騎手)
「状態は上がっています。返し馬での感じが良かったです。今日のこの流れでもちゃんと走れていました」

5着 ストーミーシー(大野拓弥騎手)
「このクラスでも走っていた馬です。終いを生かすレースで、差をうめてくれました。感じは良かったです」