【新潟記念】美浦レポート~マイネルフロスト [News]
2017/08/30(水) 14:19
9月3日(日)新潟競馬場で行われる新潟記念(GIII)に出走予定のマイネルフロスト(牡6、美浦・高木登厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

○マイネルフロストについて高木登調教師
「(前走の七夕賞2着を振り返って)
 結果的には3コーナーの辺りから押し出されるような形で先頭に立ち、そのまま押し切れるかというようないい手応えだったのですが。最後差されてしまい、残念でした。(この春復帰してからは成績が安定しているが?)そうですね、ブリンカーをつけるようになってから安定していますね。気難しい面が以前から多少は見られたのですが、ブリンカーの効果がありましたね。

(中間の調整について)
 短期放牧に出て、レースの3週前に戻ってきて、順調に来ています。

(最終追い切りについて。ウッドチップ単走)
 最後の1ハロンを気分良く走らせるだけですね。この馬の場合はそういう形で結果を出してきていますから。予想通り、最後も馬が諦めないでしっかりゴールまで駆け抜けてくれたので、安心しました。前走時は順調に使っていて、今回は間隔があいていますが、前走時と比べても遜色はないかなと思います。

(新潟芝外回り2000mについて)
 得意とは言い難いですが、新潟大賞典のときも休み明けながらしっかりと結果を出していますし、期待しています。ハンデの57キロも背負い慣れていますし心配していません。惜敗続きですが、最後までしっかりとハミをとって走って欲しいですね。このレースで秋に向けて弾みをつけたいと思っています」

(取材:小塚歩)