【新潟2歳S】(新潟)~フロンティアがデビュー2連勝で重賞初制覇 [News]
2017/08/27(日) 17:09
新潟11Rの第37回新潟2歳ステークス(GIII、2歳、芝1600m)は3番人気フロンティア(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒6(良)。3/4馬身差2着に5番人気コーディエライト、さらにアタマ差で3着に2番人気テンクウが入った。

フロンティアは栗東・中内田充正厩舎の2歳牡馬で、父ダイワメジャー、母グレースランド(母の父トニービン)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 フロンティア(岩田騎手)
「新馬は逃げて、2走目どうなるか、返し馬やゲート裏で考えていました。いいスタートを切って、前に1頭、馬を置いて競馬を出来たことが良かったです。最後しぶとく長く脚を使ってくれました。(この馬の)お兄さんでいい競馬をしてくれましたので、この馬もそのくらい活躍して欲しいです。距離は延びても大丈夫と思います」

(中内田充正調教師)
「行って欲しくないと思っていたところで、うまく抑えてくれました。終いもしっかり伸びていて、フラフラしていながらもしっかり走っていました。暑い中で頑張ってくれましたので褒めてあげたいです。新馬戦が太め残しでしたから、馬体はこんなものかなと思います。いい形でレースをしてくれました」

2着 コーディエライト(津村騎手)
「レース前もカリカリしていました。自然と行く形でしたが、最後まで食らいついていました」

3着 テンクウ(北村宏騎手)
「内が残りそうで、前に行きそうな馬も少なく、前でスムースに運ぼうと思っていました。後ろを待たずに追い出して行きました。手先が軽くていい反応をしてくれます」

4着 エングローサー(木幡巧也騎手)
「前に行かせようと思っていた通り、いい位置をキープしてくれました。終いはいい脚を使って、一発あるかなと思いましたが、最後まで頑張ってくれました」

5着 キボウノダイチ(高倉騎手)
「だいぶ舞い上がっていましたが、その分、スタートは良くていい位置が取れました。能力を出し切れました。今後はイレ込みがカギになりそうです」

9着 シンデレラメイク(中谷騎手)
「レースが上手で、折り合いがしっかりしていて、力をつけてきています。新馬で長い脚を使うタイプであって、速い脚は使えないかなと思った通りのレースになりました。終始手応えは良かったです。経験は積めました」

12着 ムスコローソ(大野騎手)
「位置取りが悪くなってタイトなレースになりました。道中で気負った分、精神的に幼い面が出てしまいました」