【2歳未勝利】(札幌1R、2R)~ラヴバインド、レッドレグナントが勝利 [News]
2017/08/26(土) 14:27
札幌1Rの2歳未勝利(ダート1000m)は5番人気ラヴバインド(丹内祐次騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分01秒0(稍重)。クビ差の2着に9番人気グランエクシト、さらにクビ差の3着に1番人気ディアバビアナが入った。

ラヴバインドは栗東・飯田雄三厩舎の2歳牝馬で、父ショウナンカンプ、母ラヴァリーフリッグ(母の父マーベラスサンデー)。通算成績は4戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 ラヴバインド(丹内祐次騎手)
「今日は外枠が良かったのでしょう。前を見ながらスムーズに運べました。早めに仕掛けていきましたが、最後までよくしのいでくれました」

2着 グランエクシト(内田博幸騎手)
「連闘でしたし、馬がパニック気味になっているところがありましたが、最後はよく来てくれたと思います。力はあります」

3着 ディアバビアナ(勝浦正樹騎手)
「いい感じかと思ったのですが、もうひと伸びほしいですね」

4着 レベルスリー(丸山元気騎手)
「うまくスタートを出てくれました。まだ体力が不足しています」


札幌2Rの2歳未勝利(牝馬・芝1500m)は1番人気レッドレグナント(J・モレイラ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分30秒3(良)。4馬身差の2着に12番人気カシノデジール、さらに1馬身3/4差の3着に6番人気ヤマニンヌヌースが入った。

レッドレグナントは美浦・大竹正博厩舎の2歳牝馬で、父ロードカナロア、母エンプレスティアラ(母の父クロフネ)。通算成績は2戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 レッドレグナント(J・モレイラ騎手)
「いい位置でレースを進める戦略でしたが、スタートも良く、いいポジションがとれました。レースの流れも良く、最後の直線で突き放す強い勝ち方をしてくれました」

(大竹正博調教師)
「馬も強いのでしょうが、騎手のサポートも大きいですね。ゲートに不安がありましたが、そこも難なくクリアしてくれました」

2着 カシノデジール(横山武史騎手)
「かなり後ろからになりましたが、ためる競馬を考えていました。終いは頑張ってくれましたし、この距離も合っているのでしょう。これからが楽しみです」

4着 ペイシェンス(井上敏樹騎手)
「今日は馬場も良かったですし、馬も一回使って良くなっていました」