【2歳未勝利】(小倉1R、2R)~ペイシャルアス、テイエムリボーが勝利 [News]
2017/08/26(土) 14:21
小倉1Rの2歳未勝利(牝馬・芝1200m)は1番人気ペイシャルアス(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒7(稍重)。3馬身差の2着に7番人気ヤマニンルネッタ、さらにクビ差の3着に6番人気ロンスが入った。

ペイシャルアスは栗東・坂口正則厩舎の2歳牝馬で、父ストロングリターン、母ルアス(母の父タイキシャトル)。通算成績は3戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 ペイシャルアス(和田竜二騎手)
「スタートは出ましたが、まだフワッとしたところがあるので、気を抜かせないように乗りました。能力の高い馬ですね」

2着 ヤマニンルネッタ(田中健騎手)
「今回はゲートもしっかり出ました。馬も良くなっていて、最後もしっかり脚を使っています。でも今日は勝ち馬が強かったですね」

3着 ロンス(北村友一騎手)
「追ってからの反応もいいですね。できればもう少し前につけて、流れに乗るのがベスト。牝馬ですがいい意味で落ち着きがあります。雰囲気は良くなっています」

5着 アオラニ(松若風馬騎手)
「スタートして二の脚がつきませんでした。もっと脚をためられたら、もっといい脚を使う馬です」


小倉2Rの2歳未勝利(芝1800m)は3番人気テイエムリボー(小牧太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒3(稍重)。1馬身半差の2着に2番人気ウォーターパルフェ、さらに半馬身差の3着に5番人気ベティバローズが入った。

テイエムリボーは栗東・福島信晴厩舎の2歳牡馬で、父スペシャルウィーク、母メロディペリオット(母の父リアルシヤダイ)。通算成績は2戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 テイエムリボー(小牧太騎手)
「強い競馬でした。4コーナーで芝の上の轍を見て外に逃げたり、直線でも轍を気にして走っていました。それでも勝ち切ってしまうのですから、強い馬です」

3着 ベティバローズ(和田竜二騎手)
「ワンペースで走る馬で、初速は遅いのですが外に出てエンジンがかかると早めに前に上がることができました。前へ行った分不利は受けましたが、スタミナはありそうですし、バテない強みがあります」

4着 キタサンタイドー(川田将雅騎手)
「向正面で勝ち馬に早めに来られて、厳しい流れになりました。その分最後に苦しくなりました」

5着 ザリーティー(幸英明騎手)
「まだ自分でハミを取っていかないところがあります。徐々に良くなっていく馬だと思います」