【新潟2歳S】美浦レポート~テンクウ [News]
2017/08/23(水) 14:33
 27日(日)に新潟競馬場で行われる第37回新潟2歳ステークス(GIII・芝1600m)に出走するテンクウ(美浦・奥村武厩舎)について、追い切り後奥村武調教師のコメントは以下の通り。


「色々心配事もあったのですが、新馬戦はレースに行くと想像以上に上手に走ってくれて、センスの良さを感じました。新馬戦の後はレースの間隔も空くので、一旦牧場へ戻して一息入れて、1か月くらい前に厩舎へ戻して乗り込んできました。

 (今回は新潟ですが)軽いタッチの走りをする馬なので、軽い新潟の芝も向いていると思います。回りは右左を問わないと思いますし、初戦と似たような舞台ですから期待しています。お兄さん(去年このレースで3着のイブキ)と比べても走りが軽いので、より早い時期の2歳ステークス向きかなという気がしています。性格的には凄くやんちゃで、まだまだ幼いなと感じる所も多いのですが、走ると真面目ですね。一生懸命で人間の言う事も聞いてくれるので、レースに行ってのセンスが凄く良い馬です。

 先週の日曜まで結構長めの追い切りをして、中身はだいぶできて来ました。真面目すぎる面があるので、あまり根を詰め過ぎないようにしていましたが、今日だけは前に馬を置いて追いかける形の調教をして、集中力を高めるようにしました。非常に軽い走りでしたし、いくらでも最後は伸びていくような感じだったので、良い動きでしたね。

 去年も一昨年も、厩舎の馬を2番人気に支持して頂いたのですが(2016年イブキ=3着、2015年ヒプノティスト=6着)、期待に応えることが出来なかったので、今年こそはという気持ちです。ぜひ応援をよろしくお願いします」

(取材:大関隼)