【メイクデビュー】(新潟5R、6R)~クレバーバード、ルヴァンスレーヴが勝利 [News]
2017/08/13(日) 14:46
新潟5Rのメイクデビュー新潟(芝1600m)は7番人気クレバーバード(柴田善臣騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分37秒0(良)。クビ差2着に3番人気ブラックジルベルト、さらに1馬身3/4差で3着に10番人気マイネルテンプスが入った。

クレバーバードは栗東・清水久詞厩舎の2歳牡馬で、父シンボリクリスエス、母クラックシード(母の父キングカメハメハ)。

~レース後のコメント~
1着 クレバーバード(柴田善騎手)
「センスがいいですね。返し馬からいい感じのフットワークをしていました。気持ちも前向きです」

2着 ブラックジルベルト(池添騎手)
「レースは上手に走れました。直線でもよく伸びています。まだ若さがあるので、成長すればさらに楽しみです」

3着 マイネルテンプス(柴田大騎手)
「芝の走りがいいですね。スタートも良いので、ピリッとしてくればさらに良くなるでしょう」

4着 パクスアメリカーナ(川田騎手)
「直線では終始、内にササっていました。追い切りでは見せなかった面なのですが...。使ったことで変わってくれればいいと思います」


新潟6Rのメイクデビュー新潟(ダート1800m)は1番人気ルヴァンスレーヴ(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分54秒8(稍重)。7馬身差2着に3番人気ビッグスモーキー、さらにクビ差で3着に2番人気ゴライアスが入った。

ルヴァンスレーヴは美浦・萩原清厩舎の2歳牡馬で、父シンボリクリスエス、母マエストラーレ(母の父ネオユニヴァース)。

~レース後のコメント~
1着 ルヴァンスレーヴ(M.デムーロ騎手)
「ペースが遅く、外を回るのはかわいそうだったので、途中から動いて行きました。返し馬で掛かりそうな雰囲気だったので、スタートは出さずに行きました。最後は流す感じ。信じられないです。芝も大丈夫だと思います」

2着 ビッグスモーキー(北村宏騎手)
「苦しい流れでしたが、頑張っています。まだまだ緩いところがありますが、変わってきそうです」

3着 ゴライアス(吉田隼騎手)
「砂を被り、経験になりました。3コーナーで勝ち馬を追いかけた分、最後は甘くなってしまいましたが、いい内容でした」

4着 アシャカデッシュ(津村騎手)
「新馬という感じで物見をしていましたが、馬群に入ってからはいい競馬が出来ました。1回使って変わってくれればいいと思います」