【阿蘇S】(小倉)~コパノチャーリーが押し切る [News]
2017/08/12(土) 17:19
小倉11Rの阿蘇ステークス(3歳以上オープン・ハンデ・ダート1700m)は4番人気コパノチャーリー(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分45秒2(良)。クビ差の2着に10番人気ブライトアイディア、さらにクビ差の3着に12番人気シンゼンレンジャーが入った。

コパノチャーリーは栗東・村山明厩舎の5歳牡馬で、父アグネスデジタル、母コパノニキータ(母の父ティンバーカントリー)。通算成績は32戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 コパノチャーリー(和田竜二騎手)
「早めに来られてさすがに最後は止まりましたが、具合が良かったです。ひと息入れた方が番手でも競馬ができるでしょうし、距離がもたないことはないと思います」

2着 ブライトアイディア(鮫島良太騎手)
「折合いに専念してジッとしていましたが、折り合いがついていました。脚も残っていましたが、あと少しでした」

4着 マインシャッツ(D・ホワイト騎手)
「行こうとした時に、スピードをつけるのに時間がかかりました。エンジンがかかって、3コーナーから動きましたが、大外を回ったので、切れる脚を使いましたが届きませんでした。枠が内だった分、位置取りで損をした感じでした。外の方が良かったです。長い直線なら差せていたかもしれません」