【関屋記念】栗東レポート~ウインガニオン [News]
2017/08/09(水) 12:34
13日(日)に新潟競馬場で行われる第52回関屋記念(GIII)に登録しているウインガニオン(牡5、栗東・西園正都厩舎)について、追い切り後の西園正都調教師のコメントは以下の通り。

(前走の中京記念1着を振り返って)
「スタートは悪かったのですが、すぐに2番手につけました。内ラチピッタリに沿って、最後は離してくれました。安心して見ていられました」

(前走後の調整について)
「前走を勝った時点でサマーマイルシリーズが頭にありましたので、中2週というローテーションもありまして、当該週だけの追い切りで向かおうと思っていました」

(最終追い切りの内容を振り返って)
「(坂路800mを)長めの54秒8で、上がり(2ハロン)が24秒。上がり2ハロンを(それぞれ)12秒台で上がってくれましたので、これでしっかりと動けると思います。
 キビキビとした良い動きをしてくれましたので万全です。
 外面上は何も疲れている様子もなく来ています。(良い状態で)平行線を維持しているという感じです」

(今回のレースに向けて)
「3走前に1600mの新潟のオープンで逃げ切っていますので、コース相性は良いと思います。
 前走でもそうですが、展開に恵まれたところもありましたので、また今回もそのような展開になってほしいです。
 夏場に良績が集中しているように、本当に夏馬という感じです。
 ハナに行って、自分のペースで走れば、最後は他の馬を突き離す勝ち方ができます。
 前走は2番手でしたが、ハナに行った馬が離して逃げてくれましたので、単騎の逃げのような感じになりました。今度もそういった形になれば良いです。
 せっかくここまで来たからには何とかサマーマイルシリーズを獲って、この夏を締め括りたいと思いますので、応援のほどよろしくお願いいたします」

(取材:米田元気)