【レパードS】(新潟)~ローズプリンスダムが人馬共に重賞初制覇 [News]
2017/08/06(日) 17:12
新潟11Rのレパードステークス(3歳GIII・ダート1800m)は11番人気ローズプリンスダム(木幡巧也騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分52秒9(良)。1馬身1/4差の2着に12番人気サルサディオーネ、さらに3/4馬身差の3着に1番人気エピカリスが入った。

ローズプリンスダムは美浦・畠山吉宏厩舎の3歳牡馬で、父ロージズインメイ、母クリスチャンパール(母の父シンボリクリスエス)。通算成績は9戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ローズプリンスダム(木幡巧也騎手)
「(初重賞制覇に)すごく興奮しています。夢のようです。陣営からは前めでという指示でしたが、先行しそうな馬もたくさんいると思っていました。内めの3番手でいいところを取れて、外に進路が開くと、今でも忘れられないくらいの手応えでした。外から交わされないか心配でしたが、前を交わしたところで勝ったかなと思いました。今年はあまり調子が良くないのですが、流れに乗れるよう頑張りたいと思います」

2着 サルサディオーネ(吉田豊騎手)
「同型がいて2番手でもいいかと思いましたが、砂を被りたくなかったので行きました。良い感じで行けましたが、並ぶ形ならもっと頑張れました」

3着 エピカリス(C・ルメール騎手)
「馬のコンディションは良かったです。道中少しかかるところはありましたが、ゴーサインに反応もしています。しかし、スペースがありませんでした」

4着 ブライトンロック(田中勝春騎手)
「馬の仕上がりは悪くありませんでした。直線だけの競馬をして、その通りはじけましたが、もうひとつほしかったです」

5着 ノーブルサターン(鮫島良太騎手)
「主張する馬がいて、無理をしませんでした。直線でこれはと思ったシーンもありましたが、やはり理想はハナです」

6着 ハルクンノテソーロ(大野拓弥騎手)
「道中の折り合いはついていましたが、外を回らされてロスのある競馬になりました」

7着 テンザワールド(岩田康誠騎手)
「流れに乗れずじまいでした」

8着 スターストラック(津村明秀騎手)
「速い馬が揃って、思ったより後ろの位置になりました。ペースが速くなったときについていけませんでした」