【2歳未勝利】(小倉1R、小倉2R)~ショウナンタクト、タガノスカイハイが勝利 [News]
2017/08/05(土) 13:49
小倉1Rの2歳未勝利(九州産馬・芝1200m)は1番人気ショウナンタクト(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒2(良)。クビ差の2着に8番人気プリンセスブーケ、さらに1馬身1/4差の3着に3番人気ヒトモジノグルグルが入った。

ショウナンタクトは栗東・梅田智之厩舎の2歳牡馬で、父ヨハネスブルグ、母クイックジャイヴ(母の父A.P. Indy)。通算成績は2戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 ショウナンタクト(武豊騎手)
「思った以上にスタートを出てくれました。道中もスムーズで着差以上に余裕がありました」

2着 プリンセスブーケ(加藤祥太騎手)
「2走目で、返し馬から馬が変わっていた事が分かりました。前走よりしっかりついていけました。こういうレースをしていけば楽しみです」

3着 ヒトモジノグルグル(D.ホワイト騎手)
「小柄な馬で、道中もまれながらも頑張っていました。いい経験になったと思います」

4着 マエムキ(松若風馬騎手)
「初戦よりゲートは出てくれました。道中も流れに乗っていましたが、ラストは脚が上がってしまいました」

5着 テイエムオオアマミ(田中健騎手)
「使って馬が良くなっていました。前半はついていけませんでしたが、後半はしっかり脚を使ってくれました。使いつつ良くなりそうです」


小倉2Rの2歳未勝利(芝1800m)は3番人気タガノスカイハイ(秋山真一郎騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒0(良)。クビ差の2着に6番人気シゲルホウレンソウ、さらに半馬身差の3着に4番人気タガノバルバドスが入った。

タガノスカイハイは栗東・角田晃一厩舎の2歳牡馬で、父ルーラーシップ、母キープクワイエット(母の父エアジハード)。通算成績は2戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 タガノスカイハイ(秋山真一郎騎手)
「1800mは問題ありませんでした。道中は後ろからつついてもらって進んで、まだ自分からというわけではありません。性格は前走でつかんでいましたから、その点は大丈夫でした。まだ幼いところがありますね」

2着 シゲルホウレンソウ(高倉稜騎手)
「バテそうでバテないタイプ。先週のレースの傾向から、前々でしぶとさを生かすレースをしようと思っていました。最後の最後で少し甘くなってしまいました」

3着 タガノバルバドス(和田竜二騎手)
「流れには乗っていましたが、前走ほど進んでいく感じではありませんでした。今回は3回目ですが、そんなに負けていません。使いつつですね」

4着 ミーティアトレイル(荻野極騎手)
「道中はいい位置につけましたが、馬群が団子状態になって、進路が取れませんでした。一瞬前の馬の間が空きましたが、前残りの流れもあってうまくいきませんでした」