【小倉記念】栗東レポート~ベルーフ [News]
2017/08/02(水) 17:41
☆6日(日)に行われる第53回小倉記念(GIII)に出走を予定しているベルーフ(牡5、池江泰寿厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ベルーフについて、池江泰寿調教師

・この馬は集中力が切れやすいので前半はリラックスさせて後半に走りを集中させさせています。後ろからレースを運んで後半に外側をまくっていくような脚質です。前走のエプソムC(11着)はそれがはまらないレースでしたね。

・その後はレースのダメージも無く実績のある小倉のこのレースを目標に逆算して乗り込んできました。もともと稽古駆けする馬ではありませんが一週前追い切りは集中して走っていました。

・今朝はレースでも乗るホワイト騎手が跨りCWコースで半マイルを馬ナリでサッという内容でした。ホワイト騎手は昨年も最終追い切りに騎乗したのですが、状態も追い切り後の息の入りも昨年以上と言っていました。

・小倉の2000mは小回りでもある程度差しが届きます。自分のレースに徹して展開が向けば集中力を切らさず走ってくれます。ハンデの57kgは重賞勝ち馬ですから仕方無いでしょう。状態も昨年よりもいいので小倉競馬場との相性を生かして頑張ってもらいたいですね。

《取材:檜川彰人》