【メイクデビュー】(福島5R、6R)~ナスノシンフォニー、ラインギャラントがデビュー勝ち [News]
2017/07/22(土) 15:30
福島5Rのメイクデビュー福島(牝馬・芝1800m)は2番人気ナスノシンフォニー(木幡巧也騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分52秒8(良)。ハナ差の2着に4番人気プトラナ、さらに1馬身3/4差の3着に6番人気ヴェロニカグレースが入った。

ナスノシンフォニーは美浦・武井亮厩舎の2歳牝馬で、父ハーツクライ、母ナスノシベリウス(母の父Unbridled's Song)。通算成績は1戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 ナスノシンフォニー(木幡巧也騎手)
「ゲート練習からスタートは速くなかったのですが、追い切りでは終いに凄く動いていました。向正面から動いて終いにかけましたが、能力が違いましたね。届いてくれてよかったです。まだ余力が残っていましたし、走ってくると思います」

4着 モルフェオルフェ(北村宏司騎手)
「3コーナーくらいでグンとハミを取って、4コーナーではグンと上がって行けました。これなら勝てるかなと思ったのですが、追ってからエネルギー切れしてしまったような感じでした。ただ、いい反応を見せてくれましたし、走りはキビキビしていました」


福島6Rのメイクデビュー福島(芝1200m)は4番人気ラインギャラント(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒0(良)。クビ差の2着に9番人気ノーモアサイレンス、さらに3/4馬身差の3着に6番人気レトリックが入った。

ラインギャラントは美浦・水野貴広厩舎の2歳牝馬で、父スウェプトオーヴァーボード、母アモールミーオ(母の父ダイワメジャー)。通算成績は1戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 ラインギャラント(戸崎圭太騎手)
「前半は少しもたついていましたが、ペースも流れていましたし、終始手応えも良かったです。外を回る形になりましたが、いい差し脚でした」