【メイクデビュー】(福島5R、福島6R)~オジョーノキセキ、ココロノイコロが勝利 [News]
2017/07/15(土) 14:23
福島5Rのメイクデビュー福島(芝1200m)は3番人気オジョーノキセキ(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒4(良)。3/4馬身差の2着に1番人気マドモアゼル、さらに3馬身半差の3着に2番人気マイネルカルムが入った。

オジョーノキセキは美浦・伊藤大士厩舎の2歳牝馬で、父キンシャサノキセキ、母キャプテンガール(母の父キャプテンスティーヴ)。

~レース後のコメント~
1着 オジョーノキセキ(北村宏司騎手)
「ゲート練習に時間が掛かっていましたから、スタートに気をつけました。そのスタートはスムーズに出て、道中は他馬の動きを見ながらじっとしていました。ハミがかりも良く、追ってからもしっかりしていました」

2着 マドモアゼル(戸崎圭太騎手)
「特に問題なく走っていますし、使ってくればいいと思います」

3着 マイネルカルム(柴田大知騎手)
「ブレーキを掛けるところがあったり、前半は戸惑いながら走っていました。それを考えると上々だと思います」

4着 コトブキ(田中勝春騎手)
「真面目な馬です。終いもしっかりと脚を使ってくれました。もう少し力がついてくるといいです」


福島6Rのメイクデビュー福島(ダート1150m)は4番人気ココロノイコロ(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒7(良)。1馬身半差の2着に5番人気ハルキストン、さらに3馬身差の3着に8番人気ネコマレーが入った。

ココロノイコロは美浦・高橋祥泰厩舎の2歳牡馬で、父シニスターミニスター、母コペノイコロ(母の父マンハッタンカフェ)。

~レース後のコメント~
1着 ココロノイコロ(北村宏司騎手)
「枠順が外だったので、自分のタイミングで動いていきました。先頭に立ってフラフラしているところはありましたが、ムチが入ればまた伸びてくれました。真面目です」

2着 ハルキストン(津村明秀騎手)
「向正面でダッシュがつきませんでしたが、最後はいい脚でした。いいものがあるのですぐにチャンスがまわってくると思います」

3着 ネコマレー(石橋脩騎手)
「頑張りました。とにかくいい子です。従順で素直です」