【マリーンS】(函館)~マイペースで運んだテイエムジンソクが3連勝を決める [News]
2017/07/09(日) 17:53
函館11Rのマリーンステークス(3歳以上オープン・ハンデ・ダート1700m)は1番人気テイエムジンソク(古川吉洋騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分42秒9(良)。5馬身差の2着に6番人気タガノエスプレッソ、さらに1馬身1/4差の3着に13番人気スズカリバーが入った。

テイエムジンソクは栗東・木原一良厩舎の5歳牡馬で、父クロフネ、母マイディスカバリー(母の父フォーティナイナー)。通算成績は21戦7勝。

~レース後のコメント~
1着 テイエムジンソク(古川吉洋騎手)
「スタートも良かったし、自分のペースで行けました。力通りですね」

(木原一良調教師)
「馬も充実してきて、滞在競馬もいいのでしょう。この後はオーナーと相談ですが、エルムSに行ければと思っています」

2着 タガノエスプレッソ(北村友一騎手)
「少しでもロスなく立ち回ったほうがいいのかな、という感じです。勝った馬は強かったのですが、よく走ってくれました」

4着 リーゼントロック(松岡正海騎手)
「前回より状態が良くなっていましたが、本当に良かった去年の暮れに比べると、トモの踏ん張りがもうひとつかなという印象でした。そこが良くなってくれば、オープンでも十分やれるでしょう。ただ、今日は勝った馬が強かったです」