【白川郷S】(中京)~アドマイヤロケットがマイペースで逃げ切る [News]
2017/07/01(土) 16:40
中京11Rの白川郷ステークス(3歳以上1600万下・ハンデ・ダート1800m)は5番人気アドマイヤロケット(川須栄彦騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒8(重)。2馬身半差の2着に3番人気ドラゴンバローズ、さらに1馬身1/4差の3着に6番人気スマートボムシェルが入った。

アドマイヤロケットは栗東・友道康夫厩舎の5歳牡馬で、父ゼンノロブロイ、母リッチアフェアー(母の父Machiavellian)。通算成績は16戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 アドマイヤロケット(川須栄彦騎手)
「この馬のレースぶりを見ていて、モロさはあるものの型にハマれば強いレースをする馬だと感じていました。今日も行けたら前へ行こうと思っていましたし、スタート良く先行して早め早めのレースをしました。最後までしっかり伸びてくれました」

2着 ドラゴンバローズ(和田竜二騎手)
「休み明けでしたが馬はいい状態でした。流れが遅かったので早めに動きたかったのですが...。上がりが速いレースでよく頑張っています」

3着 スマートボムシェル(川田将雅騎手)
「スタートで前に出して行って欲しいという指示でした。1コーナーで少し狭くなるところはありましたが、前残りのレースの中でしっかりこの馬の脚は使ってくれました」

5着 ナムラアラシ(福永祐一騎手)
「いろいろ脚質的に注文のつくタイプです。今日は馬場も流れもこの馬に難しい条件になりました。それでも最後は良く伸びています」