【東京ジャンプS】(東京)~シンキングダンサーが重賞初制覇 [News]
2017/06/24(土) 16:21
東京8Rの東京ジャンプステークス(障害3歳以上JGIII・芝3110m)は3番人気シンキングダンサー(金子光希騎手)が勝利した。勝ちタイムは3分27秒9(良)。クビ差の2着に5番人気グッドスカイ、さらに1馬身1/4差の3着に9番人気ビットアレグロが入った。

シンキングダンサーは美浦・武市康男厩舎の4歳牡馬で、父コンデュイット、母スプリングボード(母の父アサティス)。通算成績は18戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 シンキングダンサー(金子光希騎手)
「理想的な流れでした。道中は折り合いがついていたし、飛越に磨きがかかっていて、余裕がありました。グッドスカイはしぶとかったですが、余裕があった分届きました。言う事ありません」

(武市康男調教師)
「全てにおいて安定してきました。まだメンタルが子供で、食いが安定しないのですが、それが安定してくればもっと大きくなるし、もっとやりたいことがやれると思います。まだまだ成長すると思います。次は新潟JSを視野に調整します」

2着 グッドスカイ(森一馬騎手)
「飛越がうますぎて、ハナに立ちました。余裕を持って直線に向いたのですが、相手がちょっとだけ上でした。4歳牝馬でこれだけ走れるし、本当にセンスがあります」

4着 マイネルフィエスタ(植野貴也騎手)
「とびのミスが無く、道中は楽にこの馬のペースで走れました。最後は久々の分止まってしまいました。地力があります」

6着 スズカプレスト(北沢伸也騎手)
「飛越はノーミスでしたが、向正面2周目でついていけなくなりました。トモがフラフラでしたし、典型的な熱中症です」