【メイクデビュー】(函館5R、6R)~アリア、モルトアレグロがデビュー勝ち [News]
2017/06/24(土) 14:46
函館5Rのメイクデビュー函館(牝馬・芝1200m)は4番人気アリア(丸山元気騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒7(良)。クビ差の2着に1番人気ダンツクレイオー、さらにクビ差の3着に6番人気ダウンタウンキラリが入った。

アリアは栗東・沖芳夫厩舎の2歳牝馬で、父ダイワメジャー、母ラプターセイハート(母の父トワイニング)。通算成績は1戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 アリア(丸山元気騎手)
「道中の手応えとしても苦しい感じではありましたが、それでも勝ってくれましたからね。その分伸び代がありそうです」

(沖芳夫調教師)
「腹回りもまだ余裕がありましたし、4コーナーでの手応えも前にいた馬のほうが良さそうでしたが、しぶとい競馬を見せてくれましたね。まだ目一杯の状態ではないですし、変わってきそうです。この後は函館2歳Sへ向かうつもりです」

3着 ダウンタウンキラリ(蛯名正義騎手)
「まだ回りに気をつかいながら走っていて、進んで行きませんでした。それでも終いはよく来ていましたし、内容は悪くありません。次につながる競馬だったと思います」

4着 アルマユディト(松岡正海騎手)
「ゲート練習から速かったですし、このくらいの距離も合っています。まだ口向きに若さがありますし、体もゆるいところがありますが、使ってよくなるタイプでしょう」


函館6Rのメイクデビュー函館(ダート1000m)は1番人気モルトアレグロ(吉田隼人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分01秒6(良)。1馬身1/4差の2着に6番人気キタノナシラ、さらに半馬身差の3着に3番人気タガノアルタイルが入った。

モルトアレグロは美浦・武井亮厩舎の2歳牝馬で、父Speightstown、母Mo Chuisle(母の父Free House)。通算成績は1戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 モルトアレグロ(吉田隼人騎手)
「3~4コーナーでふかした時、反応が少しにぶいところがありましたが、直線ではもう一段の伸びを見せてくれました。これからの馬ですし、気を抜かずに走ってくれればいいです」

2着 キタノナシラ(丸山元気騎手)
「調教でも乗り役の指示に従わないところがあり、能力はあるのですが、そのあたりは修正していかないといけないです」

4着 クオーレカルド(井上敏樹騎手)
「外へ張るところがあって、それが解消されるといいです」

7着 コパノマーボー(藤岡佑介騎手)
「今日はゲートが全てです」