【NST賞】(新潟)~トーホウチェイサー 接戦制す [News]
2013/08/18(日) 17:07
新潟11RのNST賞(3歳上オープン、ハンデ、ダート1200m)は4番人気トーホウチェイサー(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒0(良)。クビ差2着に9番人気シゲルソウサイ、さらにクビ差で3着に3番人気アウトクラトールが入った。

トーホウチェイサーは栗東・柴田光陽厩舎の6歳牡馬で、父ゴールドアリュール、母トーホウビーナス(母の父Woodman)。通算成績は25戦6勝となった。

~レース後のコメント~
1着 トーホウチェイサー(田辺騎手)
「新潟で以前勝った時のように先団に行くのは苦しいです。それでも流れがハイペースで、いいところにつけられました。直線でもよく伸びてくれました。今日は接戦で気が抜けない展開だったことが良かったです。展開が向きました」

2着 シゲルソウサイ(松岡騎手)
「調教師からは"中団から行ってくれ"と言われ、その通りに行きました。馬の感じについては悪くはありませんでしたが...」

3着 アウトクラトール(伊藤工騎手)
「いい方向に来ていると思います。年齢を感じさせません」

4着 ダッシャーワン(大野騎手)
「内枠からの競馬で気を使っていました。これもいい経験になったと思います。ここを使って体が締まってくれば、さらに良くなるのではないでしょうか」

5着 エーシンジェイワン(石橋脩騎手)
「前2頭が行くと思っていましたし、被されたくないので、それを見ながらイメージ通りに競馬が出来ました。タメて行っても脚がないので、前に行きました。一生懸命で、よく頑張っています」