【赤倉特別】(新潟)~エーデルメイシュが3馬身半差をつけ快勝 [News]
2017/05/14(日) 16:21
新潟11Rの赤倉特別(4歳以上1000万下・芝1800m)は2番人気エーデルメイシュ(津村明秀騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒2(良)。3馬身半差の2着に3番人気オブリゲーション、さらにハナ差の3着に1番人気レーヌドブリエが入った。

エーデルメイシュは美浦・奥村武厩舎の4歳牝馬で、父ヴィクトワールピサ、母タニノハイクレア(母の父クロフネ)。通算成績は11戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 エーデルメイシュ(津村明秀騎手)
「壁を作らなくても我慢して折り合っていました。最後までしっかりと伸びていますし、力通りです」

2着 オブリゲーション(藤岡康太騎手)
「スタートが遅いのでこういうレースになりました。追い出しをギリギリまで我慢して、間に割って入る、一か八かの競馬をしました。最後はよく伸びています」

4着 ゴールドエッセンス(鮫島克駿騎手)
「いい位置でリラックスして追走できました。これならと思いましたが、しっかりと自分の脚を使ってくれました」

5着 ラインハーディー(菱田裕二騎手)
「VTRを見て、2・3着に来ていた時のいいイメージを持って乗りました。もう少し切れるかと思いましたが、じわじわと伸びていました」