【テレ玉杯】(東京)~ベアインマインドが激しい追い比べを制す [News]
2017/05/14(日) 15:54
東京9Rのテレ玉杯(4歳以上1000万下・牝馬・芝2000m)は3番人気ベアインマインド(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒7(稍重)。ハナ差の2着に2番人気ヴァフラーム、さらに1馬身差の3着に1番人気プリモンディアルが入った。

ベアインマインドは美浦・加藤征弘厩舎の4歳牝馬で、父ディープインパクト、母ウルトラブレンド(母の父Richly Blended)。通算成績は11戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ベアインマインド(C.ルメール騎手)
「スタートがよく、馬の後ろにつけてレースをしました。リラックスして息も入って、直線もよく伸びています。小さい馬ですがハートが強く、下を少し気にしていましたが、いい脚を使ってくれました」

2着 ヴァフラーム(田辺裕信騎手)
「直線で1回出たのですが、首の上げ下げでしたね。向こうも休み明けでしたが、実績のある馬ですから......」

3着 プリモンディアル(戸崎圭太騎手)
「いい感じで行けましたが、もう少し馬場が乾いていたほうが良かったです」

4着 アイスコールド(松岡正海騎手)
「瞬発力勝負は分が悪いので行きました。よく粘っていますし、持ち味は出しています」