【都大路S】(京都)~ダノンメジャーが逃げ切って5勝目 [News]
2017/05/13(土) 16:35
京都11Rの都大路ステークス(4歳以上オープン、芝1800m)は2番人気ダノンメジャー(小牧太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒0(不良)。1馬身1/2差2着に7番人気クラリティシチー、さらに1馬身1/4差で3着に6番人気メドウラークが入った。

ダノンメジャーは栗東・橋口慎介厩舎の5歳牡馬で、父ダイワメジャー、母ヴィヤダーナ(母の父Azamour)。通算成績は22戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ダノンメジャー(小牧騎手)
「雨の降った後の馬場は上手な馬です。すんなりと楽に先行出来ました。今日のようなすんなりしたレースなら重賞でもやれそうです」

2着 クラリティシチー(和田騎手)
「全体に緩いところのある馬ですが、今日の馬場はこなしてくれました。乗りやすい馬ですし、今日は状態も良かったようです」

3着 メドウラーク(福永騎手)
「馬場やペースを考えて、スタートで出して行ってポジションを取りに行きました。4コーナーではうまく捌くことが出来たのですが、前の馬が楽をしていた分、届きませんでした。馬場はこなしています」

7着 ハクサンルドルフ(藤岡康騎手)
「前の馬に展開が向くのは分かっていましたが、この馬はスタートで前に出して行くと良くないので、自分の競馬をさせました。ただ、思った以上にペースが遅く、馬場状態もあって伸び切れませんでした」