【はやぶさ賞】(新潟)~11番人気ウランゲルが制す [News]
2017/05/13(土) 16:25
新潟10Rのはやぶさ賞(3歳500万下、芝・直線1000m)は11番人気ウランゲル(丹内祐次騎手)が勝利した。勝ちタイムは0分55秒8(稍重)。2馬身1/2差2着に3番人気ソレイユフルール、さらにクビ差で3着に6番人気スノードーナツが入った。

ウランゲルは美浦・松永康利厩舎の3歳牝馬で、父マツリダゴッホ、母コスモランゲル(母の父スターオブコジーン)。通算成績は9戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ウランゲル(丹内騎手)
「馬場のいいところを目指して競馬をしました。最後にステッキを入れるとフラフラするところはありますが、直線1000mは合っています。立て直して体が増えていたことも良かったです」

2着 ソレイユフルール(原田騎手)
「この馬のレースをしました。以前乗った時よりも力をつけています。最後まで脚を使っていますが、交わされてしまいました」

4着 イヴノオモイデ(西田騎手)
「馬の後ろで我慢が出来ましたし、この馬も伸びています。競馬の幅が広がったと思いますし、直線1000mはいいですね」

9着 ワシントンレガシー(柴山騎手)
「ポンとゲートを出て、最初のスピードは見せてくれましたが、追走に余裕がありませんでした。コーナーがあった方がいいですね。直線1000mという感じではありませんでした」