【NHKマイルC】(東京)~アエロリットが重賞初制覇 [News]
2017/05/07(日) 17:15
東京11RのNHKマイルカップ(3歳GI・芝1600m)は2番人気アエロリット(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分32秒3(良)。1馬身半差の2着に13番人気リエノテソーロ、さらに2馬身半差の3着に6番人気ボンセルヴィーソが入った。

アエロリットは美浦・菊沢隆徳厩舎の3歳牝馬で、父クロフネ、母アステリックス(母の父ネオユニヴァース)。通算成績は6戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 アエロリット(横山典弘騎手)
「強かったです。返し馬からいつもよりも良さを感じました。元々スタートのいい馬ですが、スタートが決まったので、自信を持って乗れました。馬にブレーキをかけることもなく走れました。まだ若いしこれからです」

2着 リエノテソーロ(武井亮調教師)
「芝はいけると思いましたが、距離的なものが最後に出ました。早めに競馬場に入厩したのは大成功でした。落ち着いて本番に臨めました。賞金を加算できたし、色々な選択肢が出来ました。この馬の可能性をつぶさないようにしていきたいです」

3着 ボンセルヴィーソ(松山弘平騎手)
「リラックスしてハナを切れました。最後までしっかりと伸びています」

4着 レッドアンシェル(福永祐一騎手)
「前が残る馬場で差し馬には厳しかったですが、そんな中、差し込んできたのはこの馬だけです。よく頑張っています」

5着 オールザゴー(内田博幸騎手)
「終いに脚を使った前走が今日のレースにつながっています。そして、今日のようなレースができたことで、また次につながると思います。このメンバーで5着ですし、いい方向に向かっていると思います」

6着 タイムトリップ(戸崎圭太騎手)
「いい感じで道中行けましたし、最後も来ていますが、距離は短い方が良いようです」

9着 モンドキャンノ(C・ルメール騎手)
「いいスタートを切ってリラックスして走れていましたし、折り合いもついていました。息も入りましたが、全然反応してくれませんでした。わかりません」

17着 カラクレナイ(M・デムーロ騎手)
「スタートは良く、いい位置につけられたけど、そこから進んでいきませんでした」