【スイートピーS】(東京)~ブラックスビーチが2連勝でオークス切符 [News]
2017/04/30(日) 16:28
東京11Rのスイートピーステークス(3歳オープン、牝馬限定、芝1800m)は3番人気ブラックスビーチ(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒4(良)。クビ差2着に9番人気カリビアンゴールドが入り、上記2頭がオークスの優先出走権を獲得。さらにクビ差で3着に5番人気ムーンザムーンが入った。

ブラックスビーチは栗東・角居勝彦厩舎の3歳牝馬で、父ディープインパクト、母ビジュアルショック(母の父Kingmambo)。通算成績は5戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ブラックスビーチ(北村宏騎手)
「テンションが気になりましたが、何とかなだめて乗りました。華奢な印象がありましたが、レースでは折り合いもついて、直線を向いてもまだ手応えもありました。最後、苦しくなってからもよく頑張ってくれました。GIも楽しみです」

2着 カリビアンゴールド(田中勝騎手)
「前回は気負っていたので、脚をためて行けたらと思いましたが、前に壁を作って、うまくはまってくれました」

3着 ムーンザムーン(藤岡佑騎手)
「器用さのない馬で、後ろから行っても届かないと思い、ペースが緩んだ時に押し上げて行きました。外を回される厳しいレースになりましたが、将来性があります」

4着 ウインシャトレーヌ(内田博騎手)
「あれ以上出して行くと行ってしまうし、外枠はきつかったです」

5着 ポールヴァンドル(戸崎騎手)
「外枠で持ち味を生かす競馬は出来ましたが、距離はもう少し短い方がいいのかもしれません」