【青葉賞】(東京)~アドミラブルが人気に応える [News]
2017/04/29(土) 17:11
東京11Rの青葉賞(3歳GII・芝2400m)は1番人気アドミラブル(M・デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分23秒6(良)。2馬身半差の2着に4番人気ベストアプローチ、さらに1馬身1/4差の3着に8番人気アドマイヤウイナーが入った。

アドミラブルは栗東・音無秀孝厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母スカーレット(母の父シンボリクリスエス)。通算成績は4戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 アドミラブル(M・デムーロ騎手)
「すごく切れました。スタートはゆっくりで後ろからになりました。初めてのコースでモノ見をしたり、直線もフラフラしたり、子供な所もありましたが、すごく良い馬です。東京コースでダービーの予行演習になりました。本番ではさらに強くなると思います」

(音無秀孝調教師)
「ダービーを見すえて中団からという指示でしたが、挟まれたりして後ろからになりました。少し行くのが早い気がしました。長く押していたので負担がなければよいのですが...。あとノド鳴りの再発が心配ですが、今日は輸送の問題もクリアしましたし、少しやんちゃな面は出しましたが、どんなペースにも対応できますし、ダービーは夢ですから良いレースをしてほしいと思います」

2着 ベストアプローチ(岩田康誠騎手)
「ひょっとしたらと思ったのですが、相手もまだ遊んでいましたからね。本番の権利は取れましたし、この馬にもチャンスはあると思います」

3着 アドマイヤウイナー(秋山真一郎騎手)
「状態が良く、よく頑張ってくれました。1着馬と2着馬がスッと行ったときに置かれて、その差が最後まで詰まりませんでした。残念です」

4着 ポポカテペトル(C・ルメール騎手)
「長く脚を使いますが、エンジンがかかるのに時間がかかりました。まだ若く、緩さもありますし、良くなってくると思います」

8着 イブキ(田辺裕信騎手)
「理想通りの競馬ができましたが、残念でした。このメンバーで、あと一歩足りなかったです」

12着 アグネスウイン(川又賢治騎手)
「さすがに相手が違いました。2400mも少し長いと思います」