【難波S】(阪神)~ハクサンルドルフが差し切る [News]
2017/04/16(日) 16:43
阪神11Rの難波ステークス(4歳以上1600万下・芝1800m)は4番人気ハクサンルドルフ(藤岡康太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分45秒9(良)。3/4馬身差の2着に2番人気ミエノサクシード、さらに3馬身差の3着に5番人気ポルトドートウィユが入った。

ハクサンルドルフは栗東・西園正都厩舎の4歳牡馬で、父アドマイヤムーン、母キングスミール(母の父Theatrical)。通算成績は11戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ハクサンルドルフ(藤岡康太騎手)
「リズム良くレースを進めることができました。初めてこの馬に乗りましたが、1800mの距離も問題なく、最後までいい脚を使いましたし、今日のところは完勝でした。決め手は上のクラスでも通用すると思います」

2着 ミエノサクシード(川島信二騎手)
「ここ2戦、スタートがいまひとつでした。そこで中間にいろいろ工夫した分、スタートの感じが戻ってきました。今日は勝ち馬の決め手に屈した形ですが、こんなレースができればこれからも楽しみです」

5着 ペガサスボス(川須栄彦騎手)
「道中は人気馬を見ながらレースを進めました。最後は少し離されましたが、この馬も脚は使っています」