【中山GJ】(中山)~オジュウチョウサンが堂々の走りでJ・GI3勝目 [News]
2017/04/15(土) 17:10
中山11Rの中山グランドジャンプ(4歳以上障害GI・芝4250m)は1番人気オジュウチョウサン(石神深一騎手)が勝利した。勝ちタイムは4分50秒8(良)。3馬身半差の2着に6番人気サンレイデューク、さらに8馬身差の3着に2番人気アップトゥデイトが入った。

オジュウチョウサンは美浦・和田正一厩舎の6歳牡馬で、父ステイゴールド、母シャドウシルエット(母の父シンボリクリスエス)。通算成績は19戦9勝。

~レース後のコメント~
1着 オジュウチョウサン(石神深一騎手)
「強いの一言です。いつも人気になるので、特に緊張することもなく、自然体で臨めました。外から蓋をされそうだったので、早めに動いて行きました。サンレイデュークが来ても、また馬がギアを変えて伸びてくれました。道中ロスなく飛越しているので、最後の伸びにつながっていると思います。この後も何十勝もしたいです」

(和田正一郎調教師)
「いい位置を取れましたし、いい手応えで、ほとんど上手く飛べていました。本当に安定して、力を発揮してくれています。早めに先頭に立つ形でしたが、よく頑張ってくれました。サンレイデュークに並ばれた時も、手応え十分でしたから、頑張ってくれるだろうと思って見ていました。この後は疲れをとってから始動となりますが、次走は未定です。海外を目指したい気持ちもありますが、国内にいても、カラジの成し遂げた3連覇も凄いことだと思いますし、やるべきことはあると思っています」

2着 サンレイデューク(難波剛健騎手)
「いつも後ろから行って届かない競馬だったので、動けるところで動くつもりでした。勝ち馬に並びかけた時、向こうは余裕がありました。9歳馬で6回目のGI、なんとかこの馬に勝たせてあげたかったです」

3着 アップトゥデイト(林満明騎手)
「飛びが少しまずかったです。今日は完敗です。向正面でオジュウチョウサンは唸っていました」

4着 タイセイドリーム(平沢健治騎手)
「前半は中団から後ろの、流れ的に悪くない位置でしたが、ペースが速くなった時に踏ん張っていましたが、ついて行くのが厳しくなりました。63キロ、距離も初めてでしたし、またチャレンジしたいです」

5着 ルペールノエル(高田潤騎手)
「今までで一番いい状態でした。その分馬にパワーがあって、行きっぷりがすごかったです。位置取りは良かったのですが、馬のパワーを上手くコントロールできませんでした」

13着 メイショウヒデタダ(熊沢重文騎手)
「折り合っていましたし、初めてづくしの中、よく頑張っていると思います」