【皐月賞】栗東レポート~カデナ(中竹和也調教師) [News]
2017/04/12(水) 17:08
16日(日)に中山競馬場で行われる第77回皐月賞(GI)に出走予定のカデナ(牡3、栗東・中竹和也厩舎)について、追い切り後の中竹和也調教師のコメントは以下の通り。

・中竹和也調教師
(皐月賞を迎えるにあたっての気持ちは?)
「しっかり仕事をしていかなければなという気持ちです」

(前走の弥生賞1着を振り返って)
「1~2コーナーを回る時に、かなりスローペースで厳しい戦いだなと思いましたが、結果的にあのような強い勝ち方をしてくれて安心しました」

(馬が成長したところは?)
「中間は大山ヒルズへ放牧に行っていました。大山ヒルズでも緩めずに乗ってもらいまして、乗りながらでも成長していったなという感じでした。メリハリが出てきました。
 少し抽象的になるのですが、ブヨブヨしていた感じが引き締まったというか、皮膚が筋肉に貼り付いたというような感じです。
 (弥生賞は)正直に言って、仕上げが甘かったかなというような過程でした。騎手は"馬場に行ったらずいぶん雰囲気が変わった"ということでしたが、見る限りは少し甘い仕上げだったかなという印象でした。
 それで結果を出してくれたというのは嬉しい誤算ではありました」

(この馬の良いところは?)
「瞬発力が一番の武器かなと思います。パワーも結構兼ね備えていて、上腕なども発達しています。
 今度は上の方が発達して、出来上がってきまして、下と上のバランスは若干整ってきた印象です」

(調教過程を振り返って)
「先週はしっかりと負荷をかけたいということで、わりと調教駆けするオープン馬を先行させまして、それを追いかける形で併せ馬で最後までしっかりと追い切りを行いました。
 (今日は)乗る前に福永騎手に"反応が悪かったら最後は追ってほしい"と伝えて乗ってもらいました。実際は追わなかったので、反応が良かったのかなというふうに受け取っています」

(今回のレースに向けて)
「頭数が増えることについては、福永騎手が捌くのが少し大変なのかなとは思います。ペースや相手については、どちらかと言うとカデナをしっかりと仕上げるということに専念して、他の馬のことはあまり考えないようにしています。
 (福永騎手は)中間も熱心に乗ってくれまして、カデナとの意志疎通だけに限らず、うちのスタッフとのコミュニケーションもすごく良く取ってくれました。本当に一体感があります。
 クラシックに限らず、どのレースもいつも勝ちに行っているつもりではいますが、(クラシックは)特に欲しいタイトルです。
 最終的に完成形になるのは、どの馬もおそらく秋になるのかなと思いますが、まだこれからも良くなるでしょうし、日に日に成長しているところも実感としてあります。これから先、どんどん良くなってくれるとは思いますが、現時点でのカデナの状態に関しては、大変満足の行くものであるとは思います。
 カデナの最大の魅力というか、見せどころは瞬発力かと思います。中山の直線で弾けるカデナの姿を後押しするように声援を送って下さい。
 脚が溜まるかどうかは別として、スローペースだとこの間(弥生賞)は折り合いには若干気をつけなければいけないところがあったみたいなので、ペースが上がることについては、折り合いがつきやすいという意味ではプラスではないかと思います。そこから先のことは、一回も経験がないので、自分の中では思うところがあっても、なかなかこうですと断言はできません。その辺は、速いペースになった時のカデナの動きを皆さんも見ておいて下さい」

(取材:米田元気)