【阪神牝馬S】(阪神)~ミッキークイーンが人気に応えて差し切る [News]
2017/04/08(土) 17:00
阪神11Rの阪神牝馬ステークス(4歳以上GII・牝馬・芝1600m)は1番人気ミッキークイーン(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒3(重)。1馬身3/4差の2着に3番人気アドマイヤリード、さらにクビ差の3着に4番人気ジュールポレールが入った。

ミッキークイーンは栗東・池江泰寿厩舎の5歳牝馬で、父ディープインパクト、母ミュージカルウェイ(母の父Gold Away)。通算成績は13戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ミッキークイーン(浜中俊騎手)
「強かったですね。スタートはこの馬なりに上手に出て、意識的に前めにつけて、スムーズに流れに乗って、この悪い馬場の中でもしっかり走ってくれました。エンジンが掛かってからは一瞬の脚でした。昨年は勝っていませんから、今年初戦を勝てて良かったです。ポテンシャルも高い馬なので、この馬ともう一度大きな舞台で勝ちたいですね」

2着 アドマイヤリード(C・ルメール騎手)
「いい状態でした。このいいメンバー相手での2着。内も上手くスペースがあいて、頑張ってくれました。こういう馬場も大丈夫です」

3着 ジュールポレール(幸英明騎手)
「4コーナーでは手応えは抜群でした。ただ、追い出してからは馬場に脚をとられました。きれいな馬場ならもっと良かったと思います」

4着 クロコスミア(松若風馬騎手)
「出たなりでハナを切る形になりました。マイペースで行けましたし、4コーナーでも手応えがありました。馬場も苦にせず力を感じました」

6着 トーセンビクトリー(武豊騎手)
「道中は折り合いがついていい感じだったのですが、伸びませんでした。道悪なのか、距離なのか...」

9着 ヒルノマテーラ(四位洋文騎手)
「勝ち馬の後ろの位置を取れて、伸びているのですが、この馬場ですからね。良い馬場で走らせてあげたかったです」