【湾岸S】(中山)~ウムブルフが4勝目を挙げる [News]
2017/04/08(土) 16:19
中山10Rの湾岸ステークス(4歳以上1600万下・芝2200m)は3番人気ウムブルフ(A・シュタルケ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分14秒5(稍重)。1馬身差の2着に6番人気ワールドレーヴ、さらにクビ差の3着に1番人気サトノエトワールが入った。

ウムブルフは美浦・堀宣行厩舎の4歳牡馬で、父ディープインパクト、母ウミラージ(母の父Monsun)。通算成績は11戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ウムブルフ(A・シュタルケ騎手)
「前走よりもペースが速く、良い流れで折り合うことが出来ました。4コーナーでの手応えも十分でした。血統的に今日のような馬場は合っていたと思います」

2着 ワールドレーヴ(岩田康誠騎手)
「最後は来ているのですが、並ぶと気を抜くところがあり、使える脚がそう長くありません」

3着 サトノエトワール(吉田隼人騎手)
「のめっているわけではありません。内が痛んでいて、通るところが限られてしまいます。力は十分あるのですが、今日は後ろからつつかれて厳しくなってしまいました」

5着 ペンタトニック(北村宏司騎手)
「いいハミがかりで4コーナーではこれならと思いました。直線でも2頭の間にスペースがありましたが、追いつけないと気持ちがしぼんでいきました。この馬場も影響したと思います。気持ちをトップにもっていくのが難しいところがあります」