【桜花賞】栗東レポート~カラクレナイ [News]
2017/04/05(水) 18:57
 桜花賞に出走予定のカラクレナイについて、今朝の調教後の関係者への共同インタビューの内容は以下のとおり。

●カラクレナイ(松下武士調教師)

◎フィリーズレビューは強い競馬でしたね?
 スタートで出負けする感じでしたが、その後はリズム良くはこべて最後は長くいい脚を使ってくれました。

◎初の重賞挑戦であのレースを予想していましたか?
 新馬戦から最後はいい脚を使っていましたので、メンバーは強くなりましたが楽しみにしていました。

◎フィリーズレビューの後はどう過ごしたのでしょうか?
 レースの疲れを取ってこのレース(桜花賞)に臨もうということでした。いい状態で臨めると思います。

◎先週は田辺騎手が乗っての調教でしたが?
 (走っている時に)ちょっと左に張るところがあるので、そのへんの癖をつかんでもらうということで乗ってもらいました。

◎田辺騎手は何と言っていましたか?
 追い切りではスムーズに、左に張ることもなく真っ直ぐ走ってこれたということで、いい感触をつかんでもらえたと思います。

◎今週もウッドチップコースでの調教でしたが?
 今日は先週の時点で馬が仕上がっていましたので反応を確認する程度で調整を行いました。折り合いもついてスムーズに動けていたと思います。

◎この馬の一番の魅力は何でしょう?
 やはり、どんな展開でも長くいい脚を使ってくれるところです。

◎今回は前回よりさらに相手が強くなりますが?
 自分の競馬をして、どこまでこの強いメンバーでやれるのか楽しみにしています。

◎週末は雨の予報ですが?
 これまでの4戦とも良馬場しか走っていませんが、血統的には重馬場も大丈夫と思いますし、馬自体パワーもあるのでこなしてくれると思います。

◎初の外回りコースとなりますが?
 外回りになって切れ味が鋭くなればと思っています。

◎デビューから全て1400メートルを走ってきていますが?
 1600メートルが長いから使っていなかったわけではありませんので、200メートル伸びる点も楽しみにしています。

◎桜花賞への想いを聞かせてください。
 牝馬にとって一生に一度の舞台ですので、しっかり仕上げて臨みたいと思います。


(取材:佐藤 泉)