【桜花賞】美浦レポート~ライジングリーズン [News]
2017/04/05(水) 15:47
 9日(日)に阪神競馬場で行われる桜花賞に出走を予定しているライジングリーズンについて関係者のコメントは以下の通り。

奥村武調教師
「一週前の追い切りではしっかりと負荷をかけられました。阪神までの輸送もありますが、それでも今朝はウッドコースで併せて長い距離をいいペースで走りましたから、いい調教だったと思っています。前走から中3週ですが、その前走の後もそんなに応えたところもなく順調にきました。
 
 この馬の良さはスピードの持続力です。長くいい脚が使えます。また馬場が悪くなってもくじけずに一生懸命走ってくれます。テンションが上がりやすいところがある馬なので、早く行っていつもと違う所に長くいると落ち着かないままレースに向かうことになりそうなので、ギリギリまでこちらにいて前日輸送で行くことを考えています。

 どういうレースをするかというよりも、ただ勝って欲しいです。勝つこと以外考えていません。ここまで1回しか負けていない馬です。今回も勝って、関東に大きなタイトルを持って帰りたいと思っています。」

丸田恭介騎手
「今はレースが楽しみです。新馬から続けて乗せてもらっている馬でこのような大舞台に行けるのは嬉しいです。先週の追い切りに乗って感触の良さは伝わってきていましたが、今朝もソフトに馬なり調整でしたが感触はやはり良かったです。

 デビューの時はもっと前向きで前半から勢いよく行くタイプだと思っていましたが、レースではすごく上手に競馬をして、今も上手な部分は変わりません。今度は阪神コースで、いい成績を残したコースの形態とは違うので、そのあたりを考えて乗りたいです。直線の長さ、前半の流れも中山のマイル戦とは違うので、その点はその時乗った感触で行こうかと考えています。

 去年暮れのGIを戦った馬たちとはまだ対戦していないので未知な所はありますが、チャレンジャーのつもりで臨みたいです。この馬らしい競馬が出来るように頑張りたいです。応援をよろしくお願いします。」

(取材:小林雅巳)