【山吹賞】(中山)~チャロネグロが後方から差し切る [News]
2017/04/01(土) 15:50
中山9Rの山吹賞(3歳500万下、芝2200m)は3番人気チャロネグロ(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分15秒6(稍重)。アタマ差2着に9番人気マイブルーヘブン、さらに1/2馬身差で3着に6番人気アサギリジョーが入った。

チャロネグロは美浦・大和田成厩舎の3歳牡馬で、父ハーツクライ、母ルミネンス(母の父ジェイドロバリー)。通算成績は4戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 チャロネグロ(田辺騎手)
「エンジンが掛かるのが遅く、モタモタしていましたが、直線で手前を替えてから反応良く、前は交わせるなと思いました」

2着 マイブルーヘブン(津村騎手)
「トビが大きくて、こういう馬場はどうかなと思いましたが、こなしてくれましたし、3、4コーナーでいいところを通れました。先頭に立って少しフワッとしましたが、力はあります」

4着 グローブシアター(内田博騎手)
「行きすぎて終いが甘くなっていたので、我慢しながらジワッと上がって行きました。競馬の形としては良かったです。まだこれからの馬です」

5着 サーレンブラント(岩田騎手)
「前回と比べて落ち着きもあり、折り合い面も良くなっていました。まだ不器用なところもありますが、タイミング一つだと思います」