【日経賞】(中山)~シャケトラが末脚を発揮して重賞初制覇 [News]
2017/03/25(土) 17:07
中山11Rの日経賞(4歳以上GII・芝2500m)は4番人気シャケトラ(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分32秒8(良)。3/4馬身差の2着に7番人気ミライヘノツバサ、さらにアタマ差の3着に6番人気アドマイヤデウスが入った。

シャケトラは栗東・角居勝彦厩舎の4歳牡馬で、父マンハッタンカフェ、母サマーハ(母の父Singspiel)。通算成績は6戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 シャケトラ(田辺裕信騎手)
「1週前の調教で乗せてもらった時に良い馬だと思っていました。ゲートがもうひとつで、ポジションが後ろになりましたが、全馬を見ながら、人気馬を意識しながら、この馬のリズムを壊さないよう騎乗することが出来ました。距離も問題ないと思いますし、どんな競馬もできると思います。まだ伸びしろがあるので頑張りたいです」

2着 ミライヘノツバサ(藤岡佑介騎手)
「逃げた馬が1コーナーからジワジワとペースを上げて絶好の展開になりました。4コーナーでゴールドアクターを振り切った時には勝ったと思いましたが、シャケトラがあれほどの脚を使うとは...。乗りやすい馬で力をつけています。距離は長くてもいいのですが、中山のコースが合っているようです。中身のあるいい競馬でしたが、あそこまでいったら勝ちたかったです。悔しいですね」

5着 ゴールドアクター(吉田隼人騎手)
「今日は絶好の展開でしたが、全く走りませんでした。追ってからの反応がありませんでした。去年休養してから調子が戻ってきません。有馬記念の時より走っていません。何故なのかよくわかりません」

6着 ディーマジェスティ(蛯名正義騎手)
「勝ち馬が馬なりで上がって行ったときに動けず離されました。休み明けで体が立派だったという面はありますが、精神的にナイーブになっている感じがします。ポテンシャルはあるのに、馬自身に何か気になるところがあるのかもしれません」