【高松宮記念】美浦レポート~セイウンコウセイ [News]
2017/03/22(水) 18:18
 26日(日)に中京競馬場で行われる高松宮記念(GI)に出走予定のセイウンコウセイ(牡4)について、追い切り後の上原博之調教師のコメントは以下の通り。

―成長度は
「入厩後は弱いところもありましたが、じっくりかけて成長させてもらって、どんどん上がってきてる感じがします」

―調整は
「関西遠征が続いたので間を空けて、今週を目標に予定通り来ています」

―追い切りは
「1週前は幸騎手に感触を掴んでもらい、いい感触で終わりました。今週は終いだけ強めの調教で予定通り終わりました」

―気合乗りは
「想像よりもいい感じで最終追い切りが終わったかなと思います」

―幸騎手の起用は
「うちの馬でも重賞を勝っていて相性がいいこと、この馬は手足の長いジョッキーの方がいい成績が出ているということです」

―GIを前に
「前走が初の重賞挑戦で2着だったのですが、GIに挑戦してもおかしくない能力じゃないかと思っています」

―期待度が高いということでしょうか
「状態が上がっているだけに楽しみです」

―レースのイメージは
「スタートが上手いですし、折り合いも付きますし、直線に向いてからもうひとつギアも入りますので、1200mに対応してくれればいいかなと思います」

―枠順は
「枠順はそれほど気にしていません。スタートが上手ですので、どの枠でもいいポジションが取れると思っています」

―上原調教師にとっても久々のGI制覇がかかりますが
「知らない間に年数が経ってしまいましたが、また欲しいですね」

(取材:山本直)