【幕張S】(中山)~キャンベルジュニアが早め先頭で完勝 [News]
2017/03/19(日) 15:23
中山9Rの幕張ステークス(4歳以上1600万下、芝1600m)は1番人気キャンベルジュニア(A.シュタルケ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒3(良)。2馬身差2着に2番人気ドーヴァー、さらに1馬身3/4差で3着に6番人気マリオーロが入った。

キャンベルジュニアは美浦・堀宣行厩舎の5歳牡馬で、父Encosta De Lago、母Melito(母の父Redoute's Choice)。通算成績は10戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 キャンベルジュニア(シュタルケ騎手)
「最初のコーナーも手応え十分に回ってこられたし、今まで見せていた切れる脚を最後の直線で使ってくれました。今後、ステップアップしても良い走りが期待出来ると思います」

2着 ドーヴァー(M.デムーロ騎手)
「休み明けでしたが、よく頑張っています。まだ7戦(今日で8戦目)しかしていませんし、これから良くなってきます」

3着 マリオーロ(戸崎騎手)
「ゲートのタイミングが遅くなりましたが、内が空いていましたし、レースはうまく行きました。昇級戦としてはよく頑張っていると思います」

4着 カバーストーリー(大野騎手)
「リズム良く、最後いい脚を使っています。これがキッカケになってくれるといいですね」