【若葉S】(阪神)~アダムバローズがハナ差粘りきる [News]
2017/03/18(土) 16:52
阪神11Rの若葉ステークス(3歳オープン・芝2000m)は4番人気アダムバローズ(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒3(良)。ハナ差の2着に4番人気エクレアスパークル、さらに2馬身差の3着に1番人気インヴィクタが入った。

アダムバローズは栗東・角田晃一厩舎の3歳牡馬で、父ハーツクライ、母チャチャリーノ(母の父Unbridled's Song)。通算成績は7戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 アダムバローズ(池添謙一騎手)
「よく踏ん張ってくれました。タガノアシュラがステッキを入れて主張していたので、絡んで行くときつくなるので、控えて行きました。少しハミを噛んでいましたが、何とかタガノアシュラの後ろで我慢してくれました。勝負どころで早めに並びかけに行って、粘り込めたらと思っていました。最後はしのいでくれました。前走から乗せてもらっていますが、しぶとい馬です。本番でも自分の競馬が出来れば、頑張ってくれると思います」

(角田調教師)
「ジョッキーと相談して、行けるならハナを奪おうと思っていました。ペースが遅ければ行っていましたが、緩いペースでなくても勝ってくれました。切れませんが、もっと先行力を磨いていったらいいと思います。これでダービーまで安心して行けるので良かったです。今後は在厩になると思います」

2着 エクレアスパークル(川田将雅騎手)
「4コーナーでの手応えを考えれば、良くここまで伸びてくれたと思います。さらに成長してくれれば良いですね」

3着 インヴィクタ(C・ルメール騎手)
「内回りコースで忙しかったです。4コーナーからは反応して、ゴール前まで伸びてくれたのですが、前の馬が止まっていないので届きませんでした。外回りのほうがいいと思います」

4着 シロニイ(A・シュタルケ騎手)
「タフな馬でスタミナがあり、一生懸命走ってくれました。次はダートに向かうと思いますが、ダートで走ってまた強いところが見られると思います。瞬発力はありませんが、ハートで走ってくれました」

5着 シャイニーゲール(福永祐一騎手)
「うまく外に出せたので、もう少し伸びると思いましたが、伸びあぐねました。しかし、休ませたことで馬は良くなっていました。どれくらいやれるか楽しみにしていましたが、もうワンパンチ足りませんでした」

7着 タガノアシュラ(国分恭介騎手)
「逃げることにして、主張して行きました。しかし、目標にされる立場で苦しい感じになってしまいました。これだけ負けるのはこの馬の感じではありませんし、巻き返してほしいです」