【アネモネS】(中山)~ライジングリーズンが外から一気に抜け出す [News]
2017/03/11(土) 16:54
中山11Rの桜花賞トライアル、アネモネステークス(3歳オープン、牝馬限定、芝1600m)は1番人気ライジングリーズン(丸田恭介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒7(良)。1/2馬身差2着に3番人気ディアドラが入り、上記2頭が桜花賞の優先出走権を獲得。さらに3/4馬身差で3着に5番人気スズカゼが入った。

ライジングリーズンは美浦・奥村武厩舎の3歳牝馬で、父ブラックタイド、母ジョウノファミリー(母の父キングカメハメハ)。通算成績は4戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ライジングリーズン(丸田騎手)
「展開もゆっくりでしたが、外を回って差し切って強かったです。コーナーリングの加速がスムースで、一気に先団に取りつけるところがいいですね」

2着 ディアドラ(シュタルケ騎手)
「馬も成長していましたし、今日は前ではなく、中団から後ろで脚をためる競馬をしました。いい脚を見せてくれましたし、ハートもいい。いいファイトを見せてくれました」

3着 スズカゼ(大野騎手)
「しぶとさを生かす、この馬の競馬をしました。馬も良くなっていましたし、成長もしていました。最後まで脚を使っています」

4着 リエノテソーロ(吉田隼騎手)
「不利な枠でしたが、前に壁を作って冷静に競馬をしました。3、4コーナーで上がって行きましたが、そこから伸び切れませんでした」