【仁川S】(阪神)~グレイトパールがダート無傷の4連勝 [News]
2017/03/11(土) 16:16
阪神11Rの仁川ステークス(4歳以上オープン、ダート2000m)は1番人気グレイトパール(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分03秒4(良)。3/4馬身差2着に2番人気コスモカナディアン、さらに9馬身差で3着に7番人気マテンロウボスが入った。

グレイトパールは栗東・中内田充正厩舎の4歳牡馬で、父キングカメハメハ、母フォーチュンワード(母の父デヒア)。通算成績は7戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 グレイトパール(和田騎手)
「具合が良かったです。最後は差を詰められたように見えたと思いますが、伸びる感じはありました。以前に乗った時よりも力をつけていますし、バランスも良くなっています。ダートは合っていると思います。しかし、大味な競馬なので、自分の競馬でどこまでやってくれるかだと思います」

3着 マテンロウボス(浜中騎手)
「気分良く行かせようと思っていました。前の2頭には離されましたが、3着争いはしぶとくやってくれました。ダートはこなしますね」

4着 シンゼンレンジャー(幸騎手)
「1、2着馬は強かったです。あともう少しでした。馬の具合は良さそうだったので、展開一つで変わってくるでしょう」

6着 シャイニングレイ(北村友騎手)
「長期休養明けなので、ストレスのないような競馬がしたいと思っていました。しかし、スイッチが入るとムキになって走りすぎるところがありました。1回使って良くなってくれればと思います」