【ゆきやなぎ賞】(阪神)~ポポカテペトルが2馬身差で快勝 [News]
2017/03/11(土) 15:11
阪神9Rのゆきやなぎ賞(3歳500万下、芝2400m)は3番人気ポポカテペトル(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分28秒4(良)。2馬身差2着に6番人気エーティーラッセン、さらにハナ差で3着に5番人気エテレインミノルが入った。

ポポカテペトルは栗東・友道康夫厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母ミスパスカリ(母の父Mr. Greeley)。通算成績は4戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ポポカテペトル(和田騎手)
「頭数が手頃だったので、自分の競馬をすればと思っていました。折り合いはつきますし、仕掛けてからもよく動いてくれました」

3着 エテレインミノル(北村友騎手)
「思っていたより道中ではピリッとしていて、反応が良かったです。それがいい方向に出たと思います。しぶとさを生かして最後まで頑張ってくれました」

5着 マイブルーヘブン(幸騎手)
「ダートで走れないことがあったのは気の悪さもあるかもしれません。終いは差を詰めているので、芝も悪くないと思います」

7着 ムーヴザワールド(浜中騎手)
「ゲートの中でもそうでしたが、イライラしていました。競馬では反応がありませんでした。血統的には奥手のところがありますが、どこか苦しいところでもあるのでしょうか。これだけ走らないと何とも言えません」