【金鯱賞】美浦レポート~ルージュバック [News]
2017/03/08(水) 19:12
11日(土)中京競馬場で行われる金鯱賞(GII)に出走予定のルージュバック(牝5 美浦・大竹正博厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

〇ルージュバックについて岩藤和裕調教助手
「(前走のジャパンカップを振り返って)秋3戦目でタイトなローテーションで、目に見えない疲れや、距離など敗因はいろいろあると思いますが、あの馬のパフォーマンスは出せなかったと思います。(中間について)いつも通り放牧に出て英気を養い、これもいつも通りですが2週間前に入厩してきました。活気もあり、歳を重ねて体力がついてきたのか調教量を増やしてもへこたれることなく、順調にメニューを消化できています。

(最終追い切りについて)前2頭を目標にし、馬のリズムで伸ばしていこうという指示で追い切りました。先週末は少しモサモサしていましたが、今日の動きはあの馬本来の動きに近いところまできているのかなと思わせるような動きでした。恥ずかしくない状態に仕上がっていると思います。

(今回のコースについて)中京コースは初めてになりますが、左回りのパフォーマンスがいいので、そのあたりは苦にしないかと。あとは前日の輸送をクリアしてくれればと思います。コーナー4つというのが大きなハードルとなるかと思うのですが、オークスでも走っていますし、こなして欲しいですね。そうすれば今後の選択肢も広がると思います。大きいタイトルを取れる馬だと思っているので、ここをステップに、いい結果を出せればと思っています」

(取材:小塚歩)