【弥生賞】(中山)~カデナが末脚を発揮して差し切る [News]
2017/03/05(日) 17:14
中山11Rの報知杯弥生賞(3歳GII・芝2000m)は1番人気カデナ(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分03秒2(良)。半馬身差の2着に8番人気マイスタイル、さらに1馬身1/4差の3着に5番人気ダンビュライトが入った。

カデナは栗東・中竹和也厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母フレンチリヴィエラ(母の父French Deputy)。通算成績は5戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 カデナ(福永祐一騎手)
「スローペースで折り合いに苦労するところもありましたが、しっかり我慢してくれました。早めのスパートで良く伸びてくれました。休み明けで稽古より動けるかなと思いましたが、返し馬の雰囲気も良く、スタートも出ました。本番は頭数も増えますし、この馬の持ち味を殺さないようにしたいと思います」

2着 マイスタイル(横山典弘騎手)
「いい馬です。これから良くなりそうです。出たなりでレースをしました」

3着 ダンビュライト(C・ルメール騎手)
「スローペースで瞬発力がない馬ですが、良く伸びています」

4着 ベストアプローチ(戸崎圭太騎手)
「スタートは出てくれました。直線はスムーズでないところがありました。その後は伸びてきています。力はあります」

6着 コマノインパルス(田辺裕信騎手)
「スローペースであれより後ろにいてもキレ負けするだろうと思い、早めに上がって行ったのですが...」

7着 テーオーフォルテ(城戸義政騎手)
「イメージ通りのレースが出来ました。最後も良く伸びていますが、長くいい脚を使う馬ですから」

9着 ダイワキャグニー(菊沢調教師)
「横綱相撲ではあまくありませんでした。いろいろと経験をして、競馬で教えていくことも発見出来ました。本来先行馬ではないという気もしています」

11着 スマートエレメンツ(蛯名正義騎手)
「走りは悪くないのですが、まだ緩いところがあります。これから変わってきてくれれば、芝も走れるかもしれません」