【チューリップ賞】(阪神)~2歳女王ソウルスターリングが無傷の4連勝 [News]
2017/03/04(土) 16:59
阪神11Rのチューリップ賞(3歳GIII・牝馬・芝1600m)は1番人気ソウルスターリング(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒2(良)。2馬身差の2着に7番人気ミスパンテール、さらに半馬身差の3着に2番人気リスグラシューが入った。

ソウルスターリングは美浦・藤沢和雄厩舎の3歳牝馬で、父Frankel、母スタセリタ(母の父Monsun)。通算成績は4戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ソウルスターリング(C.ルメール騎手)
「いいスタートでいいポジションにつけられ、馬の後ろにつけて反応も良かったです。直線で離して完璧なレースでした。今日はトライアルで休み明けでしたから、次はもっと良くなります。チャンスがあるので、とても桜花賞が楽しみです」

2着 ミスパンテール(四位洋文騎手)
「夏以来のレースでしたが、よく伸びてくれました。よく走ってくれたと思います」

3着 リスグラシュー(武豊騎手)
「ラストはもう少し伸びるかなと思いましたが、本来の脚を使えていません。3コーナーで外から引っ掛かった馬がいたので、余計なところで脚を使わされました。次ですね」

(矢作芳人調教師)
「少なくとも2着はとらなければいけませんでした。申し訳ありません。ただ、本番は次ですから、次でしっかりと負かせられるように頑張ります」

4着 ミリッサ(福永祐一騎手)
「あまり後ろからは行きたくなくて、中団のインにつけました。3コーナーでも落ち着いて脚を溜めて、これなら弾けるだろうと思っていました。しかし、直線ではもうひと伸びできるだろうと思っていましたが、できませんでした。伸びてはいるけど、最後もうひと伸びがありませんでした」

6着 ダノンディーヴァ(M.デムーロ騎手)
「よく頑張っていました。今日は後ろからのレースでしたが、道中フワフワしていました。まだ若いです。これから良くなりそうです」

8着 レッドリボン(池添謙一騎手)
「ビュッと来ていましたが、もうひと脚がなく、坂で止まってしまいました。一瞬見せ場は作りましたが......。これからだと思います」

10着 エントリーチケット(柴田大知騎手)
「道中は結構厳しく入って来られて、抑えるところはありましたが、その後はスムーズでした。あの形なら残ってもいいのですが......。仕掛けてから全然反応がありませんでした。(敗因は)分かりません」

12着 アンバーミニー(岩田康誠騎手)
「燃えてしまうような感じになり、最後はもうお釣りがありませんでした」