【スピカS】(中山)~ワンブレスアウェイが2番手から抜け出し勝利 [News]
2017/03/04(土) 16:02
中山10Rのスピカステークス(4歳以上1600万下・芝1800m)は2番人気ワンブレスアウェイ(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒0(良)。1馬身1/4差の2着に6番人気マイネオーラム、さらに1馬身1/4差の3着に5番人気ゲッカコウと3番人気スモークフリーが同着で入った。

ワンブレスアウェイは美浦・古賀慎明厩舎の4歳牝馬で、父ステイゴールド、母ストレイキャット(母の父Storm Cat)。通算成績は11戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ワンブレスアウェイ(戸崎圭太騎手)
「ずっと堅実に走ってくれている馬ですし、力があり、賢く、どんなレースにも対応出来ます。上のクラスでも楽しみです」

2着 マイネオーラム(A.シュタルケ騎手)
「前半はペースが遅かったようですが、後半いい流れになりました。スムーズないい競馬が出来ました」

3着同着 ゲッカコウ(松岡正海騎手)
「ペースが遅かったですし、中山でこの形を2回やっていますから。今日も2コーナーから行こうと決めていました。ちょうどいい形になりましたし、展開一つでこのクラスでもチャンスはあると思います」